2017失敗しない男性用洗顔料ランキング!おススメベスト5!

悩まない洗顔料ランキングの画像

「男でも肌をキレイにしたい!」と思うのは当然のこと。ニキビや肌荒れでボロボロの肌よりも清潔感のあるキレイな肌の方が男性女性関わらず印象が良いに決まってますよね。

自分の場合は30歳近くなってから、毎日のように出来るニキビやボロボロの肌の状況を気にするようになって、「なんとか肌をキレイにしたい…」と思うようになりましたね。気づくの遅すぎ!ってのは分かっております、ハイ(笑

あ、先に言っておくとイケメンでもナルシストでもないですw単純に鏡を何年振りかにマジマジと見た時に自分の肌の汚さにビックリしたという感じです。

それで実際にオッサンになってから肌をケアするようになって、結果としては今ではほぼニキビも出来ないような状態になって、肌荒れなども気にならなくなって、歳の割には肌が綺麗な方じゃないかなと思うぐらいにはなりましたね。

ただ、肌をキレイにしたい!と思ってスグにキレイに出来たというワケではなくて、色々な洗顔料を試して見たり、洗顔方法を見直したりと紆余曲折を経てどうにかこうにかニキビが出来なくなって肌をキレイにすることが出来たという感じです。

そこで、自分と同じようにニキビや肌荒れに悩まされていて、「どうにか肌をキレイにしたい!」という方のためにオッサンの肌でもキレイにすることが出来た男性用洗顔料をランキング形式で紹介してみます。

ちょっと見てみようという方のために先に伝えておきますが、この記事は長いです(笑)それだけ本気です。やっぱりちょっとやそっと洗顔料を変えたりしたぐらいでは、なかなか男の肌はキレイになってくれません。ニキビや肌荒れなんてある場合はなおさらです。

ネットで調べて見ると、「この洗顔料を使ってカンタンに肌がキレイになった!」みたいなものもありますが、洗顔料を変えるだけでは実際のところなかなかキレイにするのはなかなか難しいのです。なので、洗顔料の紹介以外にも洗い方やニキビや肌荒れの原因的なものも書いているのですが、そういう知識も男の肌をキレイにするためには必要なのです。

なので「本当に肌をキレイにしたい!」という方はこの記事をお気に入りにでも入れてもらってたまに見直していただければ、普段の男の肌ケアに役立つハズです。

では、そろそろ本題の男性用洗顔料で男の肌をキレイにするということについて書いて見ます。

男性用洗顔料は肌をキレイにするために必要なのか?

洗顔料は必要なのか?

まず最初に根本的な部分で、男性用洗顔料が必要なのかどうかということについて書いて見ると…

20歳を過ぎたら、肌をキレイにするためには男性用洗顔料は必要。

先に結論を言えばコレは間違いなく言えること。

洗顔料なんてドラッグストアに行けばいくらでも種類が販売されていて、洗顔料と言われているものを考えると本当に星の数ほどあります。その中でも男性の肌をキレイな肌にするためには男性用洗顔料は欠かせないものです。

というのも、10代まではニキビや肌荒れというのは汗や汚れを洗顔料を使って落とすことが出来ればそれなりに肌の状態を保つことができるので、よくある市販の洗顔料を使っても汗や汚れを落とすことが出来るので、10代の頃は洗顔料をそんなに選んだりしなくても大体の洗顔料で肌をケアすることが出来ることが多い。

それに10代の頃は学校などもあって、比較的生活習慣などもキッチリと規則正しくて、それほどストレスを感じることも社会人と比べると少ないので肌の汚れさえキレイにしておけば、それほど肌の状態をキープするのが難しいことはない。

それが20歳を過ぎて社会人になってくると、単に運動や体を動かして汗や皮脂が出るというだけでなく残業や飲み会などで生活習慣が乱れたり、仕事のストレスなどで汗や皮脂が過剰分泌されてということも頻繁に起こってしまう。

それに加えて、年齢を重ねるとともに肌質が変わってきたり、生活習慣の乱れなども原因となって、肌に乾燥している部分が出てしまったり皮脂でテカテカになったりするということが出てくる。

なので社会人になってから急にニキビに悩まされたり、乾燥肌やテカりに悩まされたりという方は多いハズ。そう、20歳を過ぎるとストレスや生活習慣などの外的要因も加わって、ニキビができたり肌荒れを起こしたりということが多くなる。

そこで必要になってくるのが、ただ単に汚れを落とすだけの洗顔料だけではなくて、肌質の変化やストレスなどの外的要因による乾燥やテカりなどもケアしてくれる男性用洗顔料が必要になるということなのです。

20歳を過ぎた社会人の男の肌をケアするためには、傷ついた男の肌を守ってくれる(笑)男性用洗顔料がマジで必要なのです。

男のニキビや肌荒れの原因は何なのか?

ニキビ肌荒れの原因は?の画像

社会人になる年頃になってくると肌質が変わってくるということを書きましたが、これは歳を取れば取るほど年々加速していきますね。ホント自分でも痛いほど経験しました(笑

10代の頃の思春期ニキビは「ニキビは運動をして汗をかいて洗い流さなかったら出来る。」ということや「アクネ菌が…」みたいなことはほとんどの方が聞いたことがあるんじゃないかと思います。

確かにこれもニキビが出来る原因ということには間違いないのですが、年齢を重ねるとそれ以外にもニキビや肌荒れの原因となるものがあるのです。いくつかニキビや肌荒れになってしまう原因をあげてみると…

・ストレスや生活習慣の乱れで皮脂が過剰分泌される。

・肌にダメージが蓄積されたままになってしまう。

・肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れてしまっている。

・日常での日焼けによるダメージを受けてしまっている。

・肌質が異なる部分の肌をケアできていない。

など、一定の年齢以上の男性の肌は色々な原因がニキビや肌荒れを起こしてしまっているのです。なので少なくても上に挙げたようなニキビや肌荒れの原因を取り除くことが出来なければ、男性の肌をキレイにするというのはなかなか難しいのです。

ちなみに自分の場合も肌のことに悩み始めた頃というのは、額や鼻は昼過ぎにもなると皮脂でテカテカで、逆に口の周りや頰はカサカサになっているというような状態で、テカテカの部分にもニキビが出来ていて、カサカサの乾燥した部分にもニキビが出来てしまってというような感じで、テカってるわ乾燥してるわニキビはあるわで最悪な状態でしたね(笑

これだけニキビや肌荒れを引き起こす原因が歳を取るごとに増えて行くのに、10代の頃と同じようなケアをしていても肌がキレイにならないというのは当然。

何のために肌をキレイに?…やっぱモテたい(笑

根本的な部分で、「何のために肌をキレイにしたいのか?」って考えたことはありませんか?女性の場合ならまだしも、男がしかもある程度の年齢になってニキビや肌のことを気にする・・・。

通勤中に電車や歩いている人を見ても、ニキビや肌荒れがあったとしても全く気にしていなさそうな人もいたりしますよね。会社の同僚にも、肌が汚いことを笑いのネタにしている同僚もいます。(本人はもしかしたら気にしているかもしれないのですが…)

ニキビや肌荒れをなぜキレイにしたいのか?ということを考えた時に、自分が行き着いた答えはというと、

やっぱりモテたい!(笑)

コレが大きいと思うんです。ニキビや肌荒れがあることで女性に顔を見られた時に「汚い…」というイメージを持たれたくないからだと思うんですよね。この記事をご覧になっているほとんどの人がそうなのでは?と思うのですが(笑)

雑誌やテレビなどのモテる男の条件!みたいな特集でも、「清潔感がある。」というのは大抵上位に入っていますよね。こういうのを100%信じるワケでは無いのですが、清潔感という事を考えると、やはりニキビや肌が汚いというのはマイナスのイメージを持たれる場合が多いのです。

逆の場合もそうで、正直なところ男性も女性の肌が汚いよりはキレイな方が良いに決まってますよね。

何のために肌をキレイにしたいのか?その答えは、「人に不潔だと思われたくない。」とか「女性のモテたい」という部分が大きいですよね。年齢関係なく(笑

それで、実際女性からみたニキビがある男性の印象はどうなのか?というアンケートをしてみたところ…こんな結果でした。

女性から見たニキビや肌荒れがある男性の印象

女性から見て「男性のニキビや肌荒れってどうなの?」というのを20代の女性を中心にアンケートしてみたのですが、多かった意見の中からピックアップして紹介すると、

・カッコよさが半減

ニキビができるのは仕方ないけど、鼻の横やあごの下に大きなニキビがあると、どんなにカッコイイ人でも少し不潔な印象を感じてしまいます。小さなニキビなら我慢できますが、膿んでしまっているような大きなニキビは最悪です。一刻も早く治療して欲しいです。(26歳:歯科助手)

・センス良さが台無し

服がオシャレでセンスもいいのに、顔をみたらニキビがいくつもあったりするとがっかり。どれだけ髪もファッションもオシャレでも、肌が汚いともったいない~(20歳:女子大生)

・きちんとお風呂に入っている?と聞きたい

ニキビ=脂性ってイメージが強く、アゴ周りなどにたくさんのニキビを見つけると「毎日お風呂に入っているのか?」と聞きたくなる。ニキビができる原因って肉など脂っぽい食事が好きな人が多いから、顔のテカリも気になる。お風呂に入るのが面倒臭いのなら、洗顔だけでも朝晩毎日して!(24歳:事務)

・部屋も汚そう

ニキビがない男性は爽やかな感じがしますが、肌トラブルがあると不潔っぽさが強く感じます。臭いとかそういうのがなくても、部屋が汚かったり時間にルーズだったりダメな印象があります。(25歳:看護師)

などなど、散々な言われようですが(笑)実際に女性が、ニキビや肌の汚い男性に持つイメージって、こんな感じなのです。ニキビなどに好意的な印象はほぼ無く、間違っても「ニキビは青春の証!」みたいなのは幻想でしかないのです。

ついでに、男性のどの部分のニキビが気になるのか?というのも合わせて聞いてみました。

女性は男性のどの部分にあるニキビが気になる?

ニキビって人によって出来やすい部分があったりするのですが、女性が男性のどの部分に出来ているニキビが気になるか?聞いてみたところ…

■1位:おでこ

・普段髪で隠れていて、チラっと見えた時おでこにニキビを発見したら絶対にイヤです。引きます・・・。

・おでこで不潔か清潔かのラインだと思う。美容に意識している男性は清潔感があって好きです。

・短髪なのにおでこがブツブツしていたら絶対にイヤです。彼氏だったら良いニキビ治療薬を渡します!

■2位:アゴ周り

・ご飯の食べ方が汚そうです。アゴ周りに大小さまざまなニキビがある人が居たのですが、触れるのも嫌なので会う回数が減りました。

・膿んだニキビがアゴにあった元上司、感染りそうだったので、顔を近づけられるのが嫌でした。

・小さいならまだしも、大きくなっても放置しているのはどうかと思います。ニキビケアコスメとか、もっと男性も美意識を高めてほしいです。

■3位:鼻周り

・鼻のニキビは特に目立つ。友達なら「女子ウケ悪いよ」と忠告します!

・生活習慣がすごく悪そうなイメージがあります。お酒やタバコが好きな人は鼻周りにニキビがたくさんある人が多いような感じがします。

・普段はあまり気になりませんが、顔の中心である鼻にニキビがあるのだけは絶対にイヤです。1つだけでも全身が汚く見えてしまいます。

という結果だったのですが、意外だったのがおでこのニキビを気にする女性が多いという事。自分もこめかみの辺りにニキビがよく出来ていたのですが、印象悪かったかな…と思ってしまいますね(笑

実際に女性にアンケートをしてみても、ニキビに好意的なイメージというのは無く、汚いとか不潔だというイメージがほとんどなのです。そういったことを考えても、やはり「ニキビはモテるのに邪魔」ということです。(笑)そう、ニキビや肌が汚いのは女性から見ても、マイナスのイメージしかないのです。

市販の洗顔料じゃ男の肌をケア出来ない。

市販の洗顔料じゃの画像

男性の場合、20歳以上の年齢になってから「最近ニキビが増えてきた…」とか「肌が乾燥する…」となった場合、よくある市販の洗顔料だけでケアをするのはなかなか難しい。

というのも先ほど書いたように、男の肌は年齢を重ねると10代の頃の肌のように単純に洗顔をして汗や皮脂を洗い流せば良いというだけではなくなってくるからというのが一番大きい。

ドラッグストアなどで市販されているよくある洗顔料は、毛穴の汚れを落とすという目的で作られているものが多い。

そのため、市販の一般的な洗顔料を使って洗顔をすることで一時的に毛穴の汚れは落とすことが出来ても単に毛穴に詰まった汚れを落としただけで、過剰に分泌される皮脂にテカりや肌の乾燥といったトラブルを根本的に解決することは出来ない。

それに加えて市販の洗顔料には洗浄力が強い物も多く、肌に本来必要だったはずの皮脂までをも洗い流してしまい洗顔をした直後はスッキリとしているものの、実は肌は皮脂が足りずに乾燥状態になってしまっていて、肌が乾燥を防ごうとさらに皮脂を過剰に分泌させてしまうというような悪循環にもなりかねない。

これが市販のよくある洗顔料では、ニキビや肌荒れなど肌の悩みを抱える大人の男の肌をケアすることができないという理由。

自分も肌のことを気にしだした頃は「ちょっと良い洗顔料を使って洗顔をすればキレイになるはず。」と思ってドラッグストアでちょっとだけ値段の高い洗顔料を色々と試してみたけど、洗い終わった直後はスッキリとしているけどニキビや肌荒れが改善するということは無かった。

男の肌の悩みを解決するためにはどうすればいいのか?

美肌になりたい!の画像

男性の場合は一定以上の年齢になってくると、市販の洗顔料を使って洗顔をするだけではなかなかケアすることが難しくなってくる。じゃあどうすれば男の肌をケアすることが出来るのかと言うと、

毛穴の汚れを落としつつ、皮脂の過剰分泌を抑えて乾燥している部分に潤いを与えてくれる洗顔料を使う。

これがニキビや肌荒れに悩む男性の肌をケアするために欠かせない方法ですね。このことをわかっていないといくら市販の洗顔を使ってこまめに顔を洗ったところで、男性の肌の悩みを解決することができない。

自分もこのことが分かっていなくて、ドラッグストアで毎週のように洗顔料を買ってましたね(笑)ニキビも肌荒れもちゃんと洗顔をしているハズなのに全くよくならないので、そもそもこの歳で肌をキレイにするのは無理なんじゃないかと思ってましたね。

そう、男性の肌のケアは難しく、皮脂の過剰分泌やテカりや乾燥など色々なトラブルをケアをする必要があるのです。

ただ、そういった男の肌の様々なトラブルを解決してくれる男性用洗顔料があり、トラブルの多い男の肌をケアして、ニキビとともに肌トラブルの少ない状態にしてくれるものがあるのです。

「肌をキレイにしたい!」と思って洗顔料を使って洗顔をしているけれど思ったような結果になっていないという方も多いんじゃないかと思います。ニキビとか肌荒れに悩まされてしまうとニキビがある時は、外に出ることすら嫌になってしまいますよね。

どうにか肌をキレイにしたいと思っていても、洗顔料を選ぶ段階で間違えてしまっていることが多い。そこでそんな間違いをしないためにも、自分が実際に使ってみてコレは本当に良かったと実感して、自分の肌をちゃんとケアしてくれた男性用洗顔料をランキング形式で紹介してみると…

男性用洗顔料ランキング

男性用洗顔料ランキング始めますの画像

自分が実際に使ってみて本当に良かったと感じた男性用洗顔料をランキングで紹介する前に、分かっておいていただきたいのが、1回や2回使ったぐらいでは肌をキレイ二することはできないということ。

本来肌が再生されるサイクルは約28日周期と言われていて、だいたい28日で肌は生まれ変わると言われている。なので最低でも肌に合わないとかそういう場合を除いて、最低でも1ヶ月は使い続けてみて欲しい。でないとちゃんと洗顔料によって肌がケア出来ているかどうかというのがわからない。

早けれは使い初めて1週間もすれば、「今まで使ってた洗顔料と肌の感じが違う。」ということを実感できると思うけれど、1ヶ月程度は使い続けてみるということをお忘れなく。では男性用洗顔料ランキング始めてみたいと思います!(笑

男性用洗顔料ランキング1位の画像

BULK HOMME(バルクオム)

バルクオムの画像

男性用洗顔料ランキング第1位はこのBULK HOMME(バルクオム)ですね。今まで数々の洗顔料を使ってきましたが、文句無しのランキング1位ですね。現在販売されている男性用洗顔料の中で間違いなく一番良かったですね。

具体的にどう良かったのかというと、自分も最初は「オシャレなだけでよくある洗顔料と一緒じゃないの?」みたいな感じで思っていたのですが、いざ初めて使ってみた時に泡立ててみるとビックリしましたね。こんな泡みたことないっていうぐらいキメの細かいモコモコした泡が作れるんです。その泡をみた時に「もしかしたらめっちゃ良いかもしれない…」と実感しました(笑

自分自身も社会人になってからというもの、仕事のストレスとか生活習慣の乱れでニキビや肌荒れにはホント散々悩まされてきた。オッサンに近い年齢にも関わらず、ニキビのせいで通勤電車に乗るのも嫌になってしまうという日もあったぐらい(笑)誰も大して自分のことなんて気にはかけてないだろうけど、「自分の肌が汚いと思われているんじゃ…」っていうような感じがしてましたね。

そういう状況から自分を救い出してくれたのが、このバルクオムですね。

⇒本気で肌を変えたいなら、バルクオムしかない!

■バルクオムの特徴

バルクオムの1番の特徴としては、洗顔をする時にキメ細かい泡が毛穴の汚れを洗い流してくれるのと同時に、肌にとって本来必要な皮脂は洗い流さず、それでいて洗顔をしながら肌を保湿してくれるということ。

この必要な皮脂は洗い流さずに肌の保湿をしてくれるというのが、社会人にありがちなテカりと乾燥している部分がある混合肌をちゃんとケアしてくれる。まさにストレスや生活習慣からもダメージを受けることが多い20歳以上の男性の肌には理想的な洗顔料。

その他にもバルクオムの特徴をあげてみると…

・洗顔をしつつ肌の保湿をしてくれる。

・敏感肌でもヒリヒリしたり突っ張らない。

・とにかく泡立ちがスゴい。

・洗い終わったあとサッパリ感はあるのに肌は潤っている。

・30歳近い男の肌で余分な皮脂をちゃんと洗い流してくれる。

・オシャレ(笑)

ちょっと特徴を挙げただけでもこれぐらい出てくるけれど、バルクオムは20歳以上の男性の肌にとっては間違いなく理想の洗顔料だと言える。

■化粧水と乳液も使えば間違いなく肌は変わる。

自分がバルクオムを使い始めた最初のころは洗顔料だけを使用していたのですが、途中から試しに化粧水と乳液も頼んでみて使ってみたところ、さらに肌が変わったというのが実感できましたね。

バルクオムの洗顔料・化粧水・乳液この3点セットで使い始めてからは、冬は頬や口の周りが乾燥しがちだったのでホホバオイルなどを使っていたのですが、3点セットで使い始めてからはホホバオイルを使わなくても冬場でも肌が乾燥しなくなった。

あと逆に夏場も額や鼻周りのテカりが酷かったのが3点セットで使い始めてからはテカりもかなり抑えられるようになりました。

それと一番良かったと実感できたのが、洗顔料・化粧水・乳液の3点セットで使い始めてからもうかれこれ2年以上経つけれど、3ヶ月ほど使った頃からニキビの悩みがほとんど無くなったということ。

たまに小さいニキビが出来るということはあるけれど、以前のように赤く腫れ上がるようなニキビが出来ることは今は全くなくて、ニキビに悩まされるという日がなく見た目にも精神的にもかなり解放されましたね。何だったら今は「多少肌には自信あるかも。」と思えるぐらいになった。

あれだけドラッグストアやLOFTや東急ハンズで洗顔料を探し回っていたのがバカらしくなるぐらい「もっと早くに使ってたら良かった。」と今でも思いますね。

真剣に「肌をどうにかキレイにしたい!」という人はこのバルクオムの洗顔料と化粧水と乳液の3点セットを試してみてください。1週間も使えば間違いなく今までとの肌の違いが実感出来るハズなので。

▼とにかく肌をどうにかしたい!今なら500円で始められる♪
ボタン
男性用洗顔料ランキング2位の画像

NonA(ノンエー)

ニキビ洗顔料ノンエーの画像

男性用洗顔料ランキング第2位はニキビ洗顔として有名なノンエー。こちらの洗顔料は特に男性用洗顔料というものではないものの、赤いニキビが繰り返して出来てしまっているという方にはおススメしたい洗顔料。自分も赤ニキビが出来まくっていた時には大変お世話になりました(笑

NonAはニキビに悩む人のための洗顔料で、肌をキレイにしたい!という以前に、繰り返して出来てしまうニキビをどうにかしたいという方は、このNonAを使ってまずはニキビを繰り返さないという状態にするのが肌をキレイにするための第一段階ですね。

■NonA(ノンエー)の特徴

NonAの一番の特徴はというと、繰り返してしまうニキビ予防のために開発された医薬部外品の洗顔料だということです。

この医学部外品のニキビ予防の洗顔料だというのがポイントで、洗顔料でニキビ予防に有効だということが証明されているものなのです。なのでよくある洗顔料のようにニキビ予防もできるかも!?という不確かなものよりもNonAはニキビに対して有効だとされているのです。

それとNonAは実際にニキビに悩む人の声をベースに開発された洗顔料なので、敏感肌の方でも安心して使うことが出来て、洗い終わった後のヒリヒリとした感じや肌が突っ張ったような感じが無いのです。

自分もどちらかと言えば敏感肌よりで、冬などは洗顔をし終わったあとにニキビの部分がヒリヒリしたりということがあったのですが、NonAはそういった刺激に感じるということが無かったですね。

自分も今の肌ケアをする前はNonAを使っていたのですが、その頃は毎日のように新しいニキビが出来るということを繰り返していたのですが、NonAを2ヶ月ほど使っていると気付かない内に「ニキビが最近出来ていないな。」という状態になっていましたね。

現状、顔にニキビが出来てしまっていて何度も繰り返すという方は、本格的な肌ケアをする前にこのNonAを使ってニキビ自体を出来にくくするということが大事です。

▼繰り返す赤ニキビはこの洗顔料で
ボタン
男性用洗顔料ランキング3位

BUSO(ブソ)

男性用洗顔料BUSOの画像

男性用洗顔料ランキング第三位はBUSO(ブソ)ですね。このBUSOも男性用洗顔料としてはちょっと有名な洗顔料で、混合肌に悩む男性のための洗顔料としてネット通販で購入することが出来る男性用洗顔料です。

ドラッグストアなどお店では自分は見かけたことがなくて、ネット通販でしか見たことがなかったのですが、通販商品って「実際どうなの?」というものも多いのですが、BUSOも自分はネットで何回か購入をして使ったことがあるのでご心配なく(笑

■BUSOの特徴は?

男性用洗顔料BUSOの特徴はというと、こちらも先ほど紹介したバルクオムと同じで肌に必要な皮脂は残しつつ毛穴を洗浄して潤いを与えてくれるといった洗顔料です。

実際に使ってみると分かるのですが、確かにBUSOを使って洗顔し終わった後の肌は潤っていますね。ヒリヒリしたり突っ張ったりしたりということもないです。じゃあバルクオムとの違いは何なのかというと…

洗浄力がバルクオムに比べると若干優しいので、肌のテカりが気になるという方からすると少し手でゴシゴシと洗わないとテカりの洗い残しのようなものが気になるかもしれないです。自分の場合は額の皮脂のテカりがスゴくてちょっと洗い残しのようなものが気になりましたね。あと、泡立ちに関しても先の紹介したバルクオムやNonAと比べると少し泡立ちが弱いです。

ニキビや肌トラブルがあるという方におすすめというよりは、普段からそれほど肌トラブルに悩まされてはいないけれど、肌には気を使っているという方向けの男性用洗顔料がこのBUSOですね。

ただ、コスパが良いのでBUSOで十分良かったという場合は、それほどお金をかけなくても肌を良い状態にケア出来ます。

ボタン

以上、ランキング形式で男子用洗顔料を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?自分も最初は「ニキビや肌荒れなんて適当な洗顔料を使って顔を洗ってれば治る。」なんてことを思ってましたが、全く肌の状態は良くならなかった(笑

洗った直後とかは確かにスッキリサッパリとした感じはあったものの、風呂から出て寝る前には額や鼻は皮脂でテカってきて、ニキビも毎日のように繰り返すと行った感じでしたね。

ただ、先ほど紹介をした洗顔料に出会ってからは変わりましたね。顔を洗っている最中に「こんなに違うんだ!」ということを実感出来るほどで、今まで使ってた洗顔料は何だったんだという感じでしたね(笑

女性と同じく、男性の場合も年齢を重ねれば重ねるほど肌のダメージは蓄積されてゆき、なかなか普通の洗顔料だけではケアをするのが難しくなる。そういうダメージが蓄積された肌をケアしてくれるのが今回紹介した男性用洗顔料で、「もう肌はキレイにできない…」と諦めかけていた人にこそ使って欲しい男性用洗顔料ですね。

男の肌に化粧水は必要なのか?

男も化粧水は必要の画像

最初に書いたように「肌をキレイにしたい!」と考えた時に男性のほとんどはまず洗顔料を変えてみようと考える人が多い。そしてその次に考えるのが「化粧水も使った方が良いのかも?」っていうこと。自分もそうでしたね(笑)自分の肌にちょうど良い洗顔料が見つかって、テンションが上がって「もっとキレイにしたい!」とちょっとオネエみたいな感じになっていってましたねww化粧水が必要なのかどうかというと…

男性用洗顔料に加えて化粧水を使うことで、間違いなく肌はさらにケアすることが出来る。

ということですね。最初は自分も「化粧水なんか男に必要ない!」なんていう感じだったんですが、お試しでバルクオムの化粧水と乳液を使ってみてガラッと意識が代わりましたね。そう、化粧水は男も必要だったのです。(笑)なぜ男の肌にも化粧水が必要なのかというと、

男の肌のテカりは皮脂の過剰分泌が原因で、逆に乾燥してカサカサしている部分は皮脂が足りていないという状態なんです。

皮脂のテカりを抑えるためには?

テカってる部分の皮脂の過剰分泌を抑えるためには肌に潤いを与えて、これ以上皮脂は必要無いということを肌に分からせる必要があるのです。

乾燥している部分をケアするためには?

肌が乾燥してカサカサしている部分をケアするためには、そのまま文字通りに乾燥している部分に潤いを与えてあげる必要があるのです。

つまり、テカりを抑えるためにも乾燥を防ぐためにも、どちらも肌に潤いが必要だということなのです。

さらに、皮脂が過剰に分泌されて毛穴に詰まってしまうことがニキビの原因となってしまうのですが、肌が潤った状態を保つことで皮脂の過剰分泌を抑えてニキビも出来にくくなるのです。

なので洗顔後に化粧水を使って肌に潤いを与えるということは、テカり・乾燥・ニキビこの3つをケアすることに繋がるのです。

先ほどのバルクオムの紹介の部分にも書きましたが、自分の場合は洗顔料に加えて化粧水を乳液を使い始めてから、さらに肌の調子が良くなったというのは間違い無いですね。実際今でも洗顔料だけではなくて化粧水と乳液も使い続けています。そのおかげもあって今の肌のことでほとんど悩みが無い状態にすることが出来ました。

肌を真剣にどうにかしたいと考えているのなら、間違いなく化粧水も使った方が肌が変わるのをスグに実感できると思います。

ちなみに乳液のことを簡単に説明すると、乳液を使うことで肌を直接的にケアできるというものではなくて、乳液というのは化粧水の潤いを肌に閉じ込めてくれる役割のものなのです。

イメージとしては化粧水は本来、肌につけてもスグに蒸発してしまうのですが、乳液を重ねて使うことで化粧水の潤いを肌に閉じ込めておいてくれるのです。そのため化粧水の効果の持続時間も長くなるということなのです。

バルクオムであれば洗顔料と化粧水と乳液がセットで購入できるのでオススメです。

⇒オッサンの肌でも変わった!バルクオムのスターターキット。

洗顔料以外にも肌のために気をつけたいこと。

洗顔以外に出来ることの画像

自分が実際に使ってみて「コレはマジで良かった!」という洗顔料を紹介しましたが、オッサンの肌でも変えることが出来たので、肌のことで悩んでいる方は一度使ってみて欲しいのですが、洗顔料以外にも自分が肌をキレイにするためにしたことがあるのでいくつか書いてみます。

・枕にバスタオルを巻いて2日に1回は変える。

これは枕には雑菌が繁殖しやすく顔の肌に直接触れる物なので、キレイな状態を維持するためにバスタオルを巻くという感じですね。

・手をこまめに洗う。

男性の場合、頬杖をついたりふと顔を触ったりと、何かと顔に触れてしまうことって多いですよね。何気に顔に手が触れた時に雑菌がつかないように手をこまめに洗うように心がけてます。

・洗顔をするときはゴシゴシこすらない。

よくやってしまいがちなのが、洗顔をする時に手でゴシゴシこするということ。これは肌に刺激を与えてしまうので、よく言われているように洗顔は泡で洗うイメージで優しくするのがベスト。

・洗顔後に水を拭き取る時もこすらない。

洗顔をする時と同じで、洗顔後に水を拭き取る時もタオルでゴシゴシとこするのではなく、タオルをそっと顔にあてる感じで水を拭き取れば肌にも出来てしまったニキビにも刺激を与えない。

・ニキビが出来てしまったら早めに対処する。

もしニキビが出来てしまった場合は、小さいからといって放置するのではなく、早めにニキビ治療薬を塗って炎症して赤ニキビにならないように食い止める。

今も続けて行っているニキビや肌荒れを抑えるためにしていることはこんな感じですね。決してストイックにしてるという訳ではなく(笑)ちょっと意識をして、できることはしているといった感じです。

男のニキビや肌荒れはストレスや生活習慣によるものが多いのですが、雑菌が繁殖してしまってニキビや肌荒れに繋がるというのは十分に考えられることなので、この5つのことぐらいは意識しておく方が良いですね。

ちなみに、今自分が日常的にどういうタイミングで洗顔をして化粧水を使っているのかというと…

1:仕事から家に帰って水で軽く顔を洗い、化粧水と乳液をつける。

2:家で2時間ほどくつろいで風呂に入る。風呂に入った時に洗顔料を使って洗顔をする。

3:風呂上がりに化粧水と乳液を使う。

4:朝起きた時は洗顔料は使わず水のみで顔を洗って、化粧水と乳液を使う。

5:日中はテカりが気になる部分はフェイスペーパーでそっと拭き取る。

肌のケアをちゃんとしようと考えてから、1日のケアはこんな感じですね。ちなみに今も使い続けている洗顔料・化粧水・乳液はバルクオムでフル活用していますね(笑

先ほども書いたように決してストイックに肌ケアをしているというワケではなくて、外から家に帰ってきたら水で顔をそっと洗って化粧水と乳液をつけるという感じですね。洗顔料を使って顔を洗うのは、夜の風呂に入る時の1回のみですね。

どこにでもあるような市販の洗顔料を使っていた時は、単に顔を洗えば良いという感じで、それほど肌のケアをしているという感じはなかったですね。

でも、それなりに良い男性用洗顔料を使い始めてからというもの、肌の調子が変わってくるのを感じて「これもしかしたらイケるんじゃないの!?」みたいな感じになってきて、日常生活でも肌をケアしているということを意識し始めるようになりましたね。

それなりに洗顔料にお金をかけることで、ちょっとした自分の中の意識も変わってきて良い方向に進んだというのも、今は肌のことで悩まなくなった理由の一つでもありますね。

自分は男性用洗顔料で肌をケアすることが出来た。

オッサン肌でもキレイにの画像

長々と男性用洗顔料のことについて書きましたが、自分の肌の現状はどうなのかというと…

ニキビに悩まされたり、テカりや乾燥に悩まされるということは、ほとんど無くなりました。肌はそれなりに満足できる状態をキープすることが出来ています。

自分の肌の現状はこんな感じですね。

ニキビが全く出ないかというと、月に一度ぐらいは乱れた生活習慣が原因で(笑)小さいニキビがポツッと出来てしまうこともあるのですが、以前のようにニキビが出来たら赤くなって大事になってしまうというようなことは、この1年以上はもう無くなりましたね。

ちなみに自分の場合は30歳近くなってから肌をキレイにしたいなと思い始めて、30歳超えてから理想的な男性用洗顔料に出会ったワケですが、正直なところこんなオッサンのダメージだらけの肌でも、ニキビや肌荒れに悩まないぐらいのレベルにはすることが出来たので、「もう無理かも…」と諦めかけている人は先ほど紹介をさせていただいた洗顔料ランキングの洗顔料を一度使ってみてください。

洗顔料を変えて「コレは良い!」と感じるだけでも肌と共に意識も変わってきて、肌が確実に変わってきていることが実感できるようになるはずなので。何度も繰り返してしまうニキビや肌荒れ、諦めなくても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です