市販の洗顔料じゃニキビは治らない!?

市販の洗顔料でニキビケアの画像

ニキビに悩み始めた頃に、「どうやったらこのニキビを治すことができるのか?」ということを考えた時に、まず最初にトライするのがニキビを治すために洗顔料を変えるということ。ニキビに悩んでいるほとんどの人が洗顔料を変えたことがあるはず。

最近ではドラッグストアへ行けば、何種類ものメンズ洗顔料が並んでいる。そんな中から「これを使えばニキビが治るかも!」と思うものを選んで購入してみるけれど、たいしてニキビも良くならずにガッカリとして、また別の洗顔料に変えるということの繰り返し。

ニキビに悩まされていた時は、自分も本当に感じで毎週のように洗顔料を変えては「ニキビが全然治らない…」という感じで、愕然としてた(笑)本当に。肌がキレイで、ニキビが全くない同僚に「どんな洗顔料使ってんの?」とか聞きまわってたこともあるぐらい。

で、その肌がキレイでニキビも全くない同僚が使っていた洗顔料というのが、市販の良くある洗顔料で、他に何か特別なケアをしているというワケではなく、その市販の洗顔料を使っているだけ。それで同じ洗顔料を試してみても自分のニキビは全く良くならず…といった感じ。

そう、よくある市販の洗顔料を使ってるだけなのにニキビが全く無い人がいるのに、どの市販の洗顔料を使ってもニキビを繰り返すという人もいる。

そこで今回は市販の洗顔料でニキビは治らないのか?ということについて書いてみますわ〜

市販の洗顔料でニキビケアはできるの?

ニキビケアができるの?の画像

最初にも書いたように、ニキビをどうにかしたい!と考えた時に、まず思い浮かぶのが洗顔料で、ドラッグストアなどへ行けば1,000円しないものも多いので手っ取り早く始めることができますよね。

ニキビに悩み始めた最初の頃はほとんどの人が、「洗顔料さえ変えればニキビは治る!」と思って使い始めるワケです。

自分の場合もスクラブが入っているものから炭やハチミツが入っているものまで、市販されている色々な洗顔料を使った経験があって、その時はとにかく良い洗顔料さえ使えばニキビは治ると思っていて、「値段の高い洗顔料=ニキビが治る」みたいな感じで、どんな洗顔料なのかということも見ずに、ドラッグストアで値段の高いメンズ洗顔料をとにかく使ってたという時期もあったほど(笑

で、結局のところ市販の洗顔料を使ってニキビケアはできるのか?

というと、

市販の洗顔料でニキビがケアできる人とできない人がいる。

ということ。ドラッグストアやコンビニで市販されているような、よくある洗顔料を使っているだけなのにニキビや肌の悩みが一切無いという人もいれば、市販の洗顔料を使って毎日ちゃんと洗顔をしているのにニキビが全然改善されないという人もいる。

めちゃめちゃ曖昧な答えだけど、市販の洗顔料をいろいろ使ってみた結果わかったのがこの事実。

残念ながら自分の場合は、市販の洗顔料ではニキビケアができない人でしたが…(笑

今まさに毎日洗顔をしているけれどニキビが全然改善されないという人も、自分と同じように市販の洗顔料ではニキビケアができない人に分類される人が多いんじゃないかと思う。

でも、市販のどの洗顔料を使ってもニキビが改善されないからと諦める必要はなく、ちなみに自分は今ニキビに悩まされるということはほとんど無くなっているので、どういうケアをしているのかというのも後ほど紹介します。

市販の洗顔料でニキビがケアできる人できない人

出来る人できない人の違いの画像

市販の洗顔料の中には、かなり前から販売され続けているものも結構ありますよね?ビオレとかは自分が中学生の時にも、既にニキビケアをするための定番の洗顔料で、それからもずっと販売され続けている。

やっぱりそれだけ長く販売され続けているということを考えると、市販の洗顔料でニキビケアができているという人もいるというのも事実。

でも、自分と同じように市販されているメンズ洗顔料をいろいろ使ってみても、ニキビが治らないという人がいるというのも事実。

なぜ市販の洗顔料を使用してニキビケアができる人とできない人がいるのかというと、それは市販の洗顔料の目的が、肌に合っているか合っていないかの違いで変わってくる。市販されている多くの洗顔料の目的というのがコレ…

毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い流す。

というのがよくある洗顔料の主な目的で、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを改善してくれるという点に関しては市販の洗顔料でも役にたってくれている。

ニキビの原因となる毛穴の詰まりを洗い流してくれるのに、なぜニキビケアができる人とできない人がいるのか。

そこで市販の洗顔料を使ってニキビがケアできる人とできない人の違いって何なのか?ということについて比べてみると…

■市販の洗顔料でニキビがケアできる人

まず市販の洗顔料を使って顔を洗うだけでニキビケアができる人ってどういう人なのかというと、

肌質はオイリーよりの人で肌が乾燥することもほとんどなく、洗顔料で顔を洗っても肌が突っ張ったりしたことを感じたことがない人。

ちょっと長いけど(笑)こういう肌質の人は、市販のよくある洗顔料を使うだけでニキビケアができる人です。洗顔料を使って顔を洗うだけで、ニキビの原因となる毛穴の汚れや皮脂の詰まりを洗い流すことができ、洗顔後も肌が乾燥をすることがないので化粧水などを使わなくても市販の洗顔料だけでニキビケアができる。

一番コスパの良い肌質の人で、基本的には洗顔さえしておけばニキビや肌荒れに悩むことがない人ですね。(笑

先ほど書いたように、市販の洗顔料の主な目的というのは、主に毛穴の詰まりを洗い流すということなのですが、このタイプの肌質の人は毛穴の詰まりさえ気をつけていればニキビに悩むことがないので、まさに市販の洗顔料にピッタリの肌質。なのでほぼニキビや肌荒れに悩んだということはない人が多い。

■市販の洗顔料でニキビケアができない人

さて(笑)自分と同じように、市販の洗顔料ではニキビケアができない人はどういう人かというと、

顔の肌に乾燥しがちな部分とオイリーな部分があり、市販の洗顔料を使うと顔の肌が突っ張ったような感じになる。

という肌質の人は、市販の洗顔料ではなかなかニキビケアができない人です。

テカっている部分と乾燥している部分が混在している混合肌の方や、乾燥しがちな肌質の方は市販の洗顔料では洗い流す力が強すぎて、洗顔が終わった後に皮脂が洗い流されすぎてしまって肌が乾燥状態になってしまうので、乾燥を防ぐために必要以上に皮脂が分泌されてしまい毛穴が詰まって、またニキビが出てきてしまうということに。

この市販の洗顔料を使って洗顔をすることで、確かに毛穴の詰まりは落とせているけれど、洗顔後に肌が乾燥してしまうということが、市販の洗顔料を使ってもニキビがケアできない原因になっている。

このことがわかっていないと、洗顔料を変えても結局は同じことの繰り返しで、いつまで経ってもニキビを繰り返してしまうということに。

これが市販の洗顔料でニキビケアができる人とできない人の違いで、自分の場合はこのことがわかるまでに1年近くかかってしまい、その間は繰り返すニキビに悩み続けるという精神的にも苦痛な無駄な時間を過ごすハメに…w

じゃあ、市販の洗顔料でニキビがケアできない肌質の人はどうすれば良いのかというと、自分が今使っている洗顔料のことに関して書いてみます。

少なくとも自分の場合は、この洗顔料を使い始めて2か月ほどたった頃には、ニキビの悩みはかなり軽くなっていたので。

それと、無駄に洗顔料ばかりを変えてニキビが一向によくならないという人の気持ちもかなりわかるので、自分のケア方法をちょっと紹介してみます。

市販の洗顔料でニキビが良くならない人にオススメのスキンケア。

男のニキビケアの画像

市販の洗顔料を使って、ニキビケアができる人とできない人の違いというのが分かってもらえたんじゃないかと思う。そう、ニキビケアができない人というのは、皮脂を洗い流し過ぎてしまっていて、洗顔料で顔を洗った後は肌が乾燥状態のままになってしまっているということ。

自分の場合も、テレビCMなどで良く見かけるような洗顔料を使った後は、肌が突っ張ったような感じになって乾燥してしまってた。それからは洗い終わった後の潤いを売りにしていた洗顔料を、ドラッグストアで買って試してみたけど空気が乾燥する冬が近づいてくると、結局また洗顔が終わった後に乾燥してしまってニキビが…といった感じで繰り返してしまう。

それからもいろいろな洗顔料を試してみたものの、結局ドラッグストアで市販されている洗顔料ではニキビをケアすることができなかった。

もうどうしようもない…

と、毎日のようにニキビ治療薬を塗ってケアをするしか方法がないと思っていたけど、その頃にたまたま知ったメンズ洗顔料のお試しセットを頼んでみたのが大正解で、その洗顔料を使い始めて2ヶ月後ぐらいからは、ニキビに悩まされるということが少なくなり、今ではほぼニキビができるということも無く、今までとは逆に「肌がキレイ」とたまに言われるぐらいにまでになった。

その洗顔料というのがこのブログでも何度も紹介しているコレ

BULK HOMME(バルクオム)

洗顔料の画像

このバルクオムの洗顔料セットを使い始めてからというもの、あれだけ取っ替え引っ替え洗顔料を変えても変わらなかったニキビの悩みが劇的に軽くなった。

市販の洗顔料と何が違うかというと、まず泡立ちが全然違って泡立てネットを使って泡を作ると、びっくりするぐらいのモチモチとした泡が出来上がる。

それで、そのモチモチとした泡で顔を包み混んで洗い流すだけで、日中の仕事で疲れて脂ぎってギトギトになっていた部分もスッキリとなって、乾燥しがちな頬や口の周りなども潤いを与えてくれる。

もちろん洗い終わった後も、肌が突っ張るというようなことは無く、市販の洗顔料とは全然違う潤いのある肌にしてくれる。

バルクオムの洗顔料セットはそれだけでは無く化粧水と乳液もセットになっていて、これがまた良くて、洗顔料だけでは足りない潤いを肌にプラスしてくれるので、ニキビを通り越して肌の状態もガラッと変えてくれる。

バルクオムを使ってかれこれ1年以上は経つけれど、使う前の肌のことを考えたら自分でもわかるぐらい肌の状態は良くなって、ニキビに悩むというのはもうほとんどなくなった。

確かに市販の洗顔料のことを考えると、バルクオムの洗顔料と化粧水と乳液のセットはちょっと高いけれど、市販の洗顔料をいろいろと試してみたけれどニキビが全然ケアできていないという人は、迷わずにバルクオムを使ってみることをオススメします。ちょっと高いぐらいの価値は十分にあるので。

バルクオム使って1ヶ月もすれば、洗顔料をいろいろと変えたりニキビケアのために努力をしていたことが時間の無駄だったと思わせてくれるぐらい、肌をガラッと変えてくれる。

↓今なら500円でモテ肌への道が…♪
ボタン

市販の洗顔料じゃ無理だと諦めることから始まるw

無駄なコトは続けないの画像

長々と市販の洗顔料のことに関して書いてきましたけど、市販の洗顔料が悪いというわけでは無く、要するに肌質によって市販の洗顔料でニキビケアができる人とできない人がいるということ。

ただ、市販の洗顔料を使ってニキビケアができない肌質の人の場合は、結局のところドラッグストアなどで販売されているどの洗顔料を使っても、一時的に肌の状態は良くなったような気がしても、また同じようにニキビに悩まされてしまうという繰り返しになる。これだけは身をもって体験したこと(笑

なので市販の洗顔料をニキビケアのために使っているけれど、結局ニキビを繰り返してしまうという人はまず、

市販の洗顔料では自分のニキビをケアすることができない!

と諦めることが本当に重要。でないと「違う洗顔料を使えばケアできるんじゃ…」ということになって無駄に時間とお金を使ってしまう。自分の場合は諦めきれず、かなりの時間を使って精神的にも参ってしまったけど…(笑

そうなる前に今ニキビに悩まされて、なんども繰り返してどうしたらいいのかわからないという人は、先ほど紹介したバルクオムを一度使ってみてください。数々のニキビケアの洗顔料を使ってきた自分が理解したのは、バルクオムを使うということがニキビ解決への一番の近道だということ。それぐらい肌の悩みを助けてくれる洗顔料なので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です