男の肌、夏のスキンケアで1年の肌の調子が変わる!?

夏メンズスキンケアは重要!の画像

夏が近づいて来ると、海だのフェスだのと周りは盛り上がって来ていますが、ここ数年もっぱら夏はインドア派のオッサンですw

冗談はさておき、盛り上がって来るのは雰囲気だけじゃなくて皮脂や汗や日焼けなど、夏になってくるにつれて男の肌ダメージも当然盛り上がって来るワケです。

ニキビや肌のことを気にし始める前までは、日焼けのことなんか何も考えず何の対策もしなかったんですが、この夏に受ける肌のダメージというのが夏だけじゃなくその後にも影響するというのが分ってからはケアするようになりました。

今回は夏のスキンケアがめっちゃ大事だということに関して書くのですが、なぜ夏のスキンケアが大事なのかというのを簡単に言うと、夏のスキンケアを怠ってしまうと秋や冬に大量にニキビが出来てしまったり肌荒れになってしまうんです。

そう、ニキビや肌のことで悩んでいるメンズこそ夏のケアには絶対に力を入れるべきなんです。

じゃあ具体的にどういうことをすればいいのか?というのを今回は書いてみますわ~

男の肌は夏のスキンケアで決まる!

秋冬に肌のことで悩まない!の画像

夏は汗をかいたり顔が皮脂でテカってしまったりするので、ニキビや肌荒れが起こりやすいというのは想像できるんじゃないかと思います。また実際に夏に肌の調子が悪くなってしまうという方も多いんじゃないかと。

確かに夏は気候などの関係もあって、どうしてもニキビなどが出来てしまいがちになるけど、この夏の肌のケアを怠ってしまうと、その後の秋や冬の肌の状態まで悪くなってしまう可能性が高くなってしまう。

なぜ、夏のスキンケアを怠ってしまうと秋や冬の肌の状態にまで影響してしまうのかというと…

肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)はだいたい約1ヶ月程度とされていて、歳を取るごとにその期間は長くなっていってしまう。夏の日差しや皮脂や汗が毛穴に詰まって肌の状態が悪くなってダメージを受けてしまっている状態が続いてしまうと、ターンオーバーが正常に出来なくなって、肌はダメージを受けたままの状態になってしまってニキビや肌荒れを起こしやすくなってしまう。

例えば、8月に海やプールやフェスなどで遊びまくって肌にダメージを受けてケアを怠ってしまった場合、どんどんダメージは肌に蓄積されてしまいターンオーバーが正常に行われなくなり、本来であれば1ヶ月もすればターンオーバーによって肌のダメージが改善されるものが、さらに長くなってしまって9月や10月になっても夏のダメージが肌に残ったままになってしまう可能性が考えられるということ。

夏のスキンケアを怠ってしまうと、ターンオーバーが正常に出来なくなってしまい、ダメージはどんどん蓄積されてゆき、秋や冬になってもニキビや肌荒れてなってしまう。

そう、夏のスキンケア次第で秋や冬ちょっと大げさに言うと1年の肌の状態も変わってくるというワケなんです。

じゃあどうすればいいのか?となった時に、具体的に夏にどんなケアをすればいいのかというと、単に顔をちゃんと洗顔を使って洗えば良いというワケではないんです。このブログでも何度も書いているように、汗をかいたりテカりが気になるからといって顔を洗い過ぎてしまうと、さらに肌の状態は悪くなってしまう。

夏にダメージを受けてしまった男の肌をケアする方法というのが…

夏の男の肌、ダメージを長引かせないためのスキンケア!

夏は洗顔だけでは足らないの画像

「年齢を重ねるごとに肌は老いていってしまう。」なんていう言葉をテレビのCMなどで聞いたことがあると思うけど、これは女性に限ったことではなくて男の場合も同じで、歳をとるごとに男の肌も老いていってしまうというのはまぎれもない事実。

若い頃は夏に海とかで遊びまくって皮がむけたとしてもターンオーバーが正常に働いているので、夏のダメージは蓄積されず1ヶ月もすればまたキレイな状態になるけれど、20代後半にもなってくると、年齢的にターンオーバーの期間が伸びるというだけでなく、仕事のストレスや生活習慣の乱れなどいろいろな要素が重なり合って、肌は弱くなってしまって夏のダメージを回復できずにどんどん蓄積されていってしまう。

そうなると当然、夏が終わる頃にはニキビが大量に出来てしまったり肌荒れに悩まされたりという状況になってくる。

なので男といえども20代半ばを過ぎると、男といえども肌の悩みを抱えているのであれば、夏のスキンケアは絶対にするべき。

実際、ニキビに悩みだしてから夏のケアをしっかりとするようになったけど、やっぱりそれ以降の季節の肌の状況というのは全然違って、夏の終わり頃にはニキビがどんどん出来てきて、顔中にニキビの治療薬を塗っていたのが、夏のスキンケアをちゃんとするようになってからは、夏の終わりにニキビが気になって…という状況はほとんど無くなった。

で、具体的にどういうケアをしているかというと、日焼けをしないように外に出る時は日焼けどめを塗ったり、日中は日傘を使ったり…(最近はメンズの日傘というのも売れているらしいですw)というような面倒臭いことは一切していない(笑)洗顔と化粧水と乳液のこの3つを毎日ちゃんとしているだけ。

何を使ってどんなことをしているのか?というのを詳しく書いてみると。

まず最初に洗顔・化粧水・乳液で使っているのは、BULK HOMME(バルクオム)のスキンケアセットで、いろいろとニキビや肌荒れに良いとされている洗顔料を使ってみたけれど、これに辿り着いて今のところ男の肌をケアしてくれる一番のスキンケアセットだと思う。

バルクオムの画像

前回の記事でも紹介したバルクオムのスキンケアセットの初回に送られてくる内容が↑こちらの洗顔料・化粧水・乳液の3点セット。今の所このセットに勝るメンズスキンケアのセットには出会えていない。

▼オッサンの肌でも変えてくれたメンズスキンケアセットww
ボタン

どういう風に使っているのかというと…

■洗顔

まずはスキンケアの基本でもある洗顔。基本的に洗顔料を使って顔を洗うのは1日に1回にしている。

夜:

恥ずかしながら、どういうライフスタイルなのかというのも合わせて書くとw基本的には23時頃に仕事から帰宅をして、軽く水で顔を洗って化粧水だけを付ける。そのあとで晩飯を食べてダラダラとテレビを観たりして、その後風呂に入る。

風呂に入った時に洗顔料を使って顔を洗うけれど、注意しているのはしっかりと泡立てるということ。バルクオムの洗顔料は本当に泡立ちが良いのでちょっと泡立てネットを使ってコネコネしているとスグに泡立ってくれる。

で、その泡立てた泡を額や鼻などテカりが気になる部分にのせて、顔全部に馴染ませていく。この時も決して男気を出してゴシゴシと擦らないというのがポイントwバルクオムの洗顔料であればゴシゴシと擦らなくても、皮脂をちゃんと取り除いてくれる。

そして顔についた洗顔料を洗い流す時に注意しているのは、シャワーを直接顔に当てて流すのではなく、手のひらに水をためてそっと顔にかける。最初は面倒くさいけれど次第に慣れてくるのでw

夜に洗顔料を使う時はこんな感じ。基本的には泡を顔にのせてそっと洗うようにしているけれど、他の洗顔料を使ってた時は泡でそっと洗っても、皮脂のベタつきみたいなのが気になってたけど、バルクオムの洗顔料はちゃんと洗い流してくれるので、洗い終わった後もスッキリとしてる。

朝:

朝は基本的に時間がないので、水洗顔をするだけ。この時も注意しているのは、水でゴシゴシと洗うのではなく、水を手に溜めて顔にかけるような感じで洗ってる。水で顔を洗った後は、化粧水と乳液は使うようにしている。

時間があれば朝も洗顔料を使って顔を洗った方が良いとは思うけど、バルクオムを使い始めてからは朝起きた時の皮脂のベタつきがそれほど気にならなくなったので、水洗顔をするだけで十分。

洗顔料の使い方はこんな感じで、実際に洗顔料を使って顔を洗うのは夏場も夜の一回だけで、夏は夕方頃ぐらいまではテカりや皮脂もそれほど気にならない感じ。決して皮脂が少ない方というわけではなく、それなりにオッサンなのと脂っこい食べ物も好きなので、同年代と比べてもテカりやすい方だと思うけど、夜に一回洗顔料を使って顔を洗うだけで夏場も間に合うようになった。

夏場のスキンケアとして間違ってもしてはいけないことが、汗や皮脂を気にし過ぎて洗顔料を使って日に何度も顔を洗ってしまうということ。

ナゼ洗顔を何度もしてはいけないのかというと、夏場に皮脂が出てくるのは、肌を乾燥などから守ろうとしているからであって、夏場に洗顔だけを何度もしてしまうと必要以上に皮脂が洗い流されてしまって、肌はさらに乾燥をしてしまって余計に皮脂でテカってしまうということになりかねない。

なので、もし夏場にテカりが気になるとなったとしても洗顔料を使って1日に何度もゴシゴシと顔を洗うというのではなく、水で軽くテカりを洗い流してタオルで優しく水分を拭うというぐらいにしておいた方がいい。この時にも使えるのであれば化粧水を使う方が理想的。

■化粧水・乳液

化粧水と乳液は基本的にセットで使ってる。洗顔をした後には必ず使うようにしている。以前は、「化粧水なんか男が使っても意味がない!」っていうような考え方だったけど、化粧水もバルクオムのものを使ってから考え方が変わった。

化粧水をちゃんと使い始めてからは、肌の乾燥に悩まされるということが無くなったのと、テカりやニキビも洗顔料だけの時よりも明らかにケア出来ている。

乳液も同じで、化粧水の潤いを肌に閉じ込めておくためには必要なものなので、化粧水を使った後には必ず乳液を使うようにしている。試しに乳液を使わない時と比べたことがあるけど、やっぱり潤いの持続時間は全然違ってくる。

夏場にも化粧水やっぱり重要で、化粧水を使った方が皮脂のテカりは少ない。それと、夏場は日差しが強くて紫外線も多いので、ちょっと外出をしたりすると肌が日焼けしてダメージを受けてるということがよくある。

このちょっとしたダメージの積み重ねが、夏の肌ダメージとして秋や冬に残ってニキビや肌荒れを起こしてしまうので、肌本来の潤いを保ってターンオーバーを夏場でも正常にするためには、日差しなどでダメージを受けた肌に化粧水で潤いを与えるのは必須。

そう化粧水は乾燥から守るというだけではなく、夏の日差しのダメージから守るためにも化粧水による肌への潤いの補給は必要。それと洗顔料を使うと、たとえ保湿を同時にしてくれる洗顔料を使ったとしても、少なからず本来必要な皮脂は洗い流されてしまっているので、化粧水で肌に最低限必要な潤いをキープしてあげるということも重要。

なので、「ニキビ用の洗顔料を使ってるけれどニキビや肌荒れが治らない…」という人の場合は洗顔料で皮脂を洗い流しすぎて、その後の潤いの補給ができていない可能性が考えられるので、一度化粧水と乳液を使って見て様子を見るのがオススメ。自分の場合は化粧水を使い始めてからかなり肌が変わったので。

日焼け止めなどを普段から使うことの少ない、日差しをモロに受けている夏の男の肌をケアするためには化粧水は必須のアイテムで、洗顔をした後は必ず化粧水を使って潤いを補給するということをしてあげると、日差しなどで受けたダメージを抑えることが出来る。

夏場は特に、洗顔をした後に化粧水と乳液を使うということは忘れずに!

洗顔料と化粧水・乳液を使った、実際に行っている夏のスキンケアはこんな感じで、実際にこの方法を始めてからは肌の調子はガラッと変わって、夏にニキビや肌荒れに悩まされて…という状況はほとんどなくなって、生活習慣が乱れた時にちょっとしたニキビが出来るぐらいに抑えられてる。

夏場のケアをちゃんと始めてからは、夏だけじゃなくて1年を通して肌の調子が良くなった感じで、今は数年前と比べると肌の見た目は全然違うと言っても言い過ぎじゃないぐらい。

夏場のケアという感じで洗顔料と化粧水と乳液をどういう感じで使っているのかという風に書いたけど、基本的には季節関係なく同じことを繰り返していて、皮脂のテカりが気になる夏と乾燥が気になる冬は化粧水をちょっと多めに使っているという感じ。

スキンケアと聞くとちょっと面倒臭そうに感じる人もいると思うけど、この方法を実際にしてみるとそれほど面倒臭くなくて、肌の調子が変わってくるのが実感できるので、無理せずに続けることが出来るはずなので、一度お試しを。

⇒肌のことで悩んでいるなら、まずはこのメンズスキンケアセットを!本当にお金を無駄にせずに済むので。

日焼けは出来るだけしないに越したことはない!

日焼けはNGの画像

根本的なことを言うと、陽射しの強い夏だから仕方ないとはいえ、男も肌のことを考えるのであれば極力日焼けをしないに越したことはない。これだけは間違いなく言える。

実際、20代の頃は夏になれば海で遊びまくってという感じで、ガンガン日焼けをして皮がむけても全く気にしなかったけど、20代後半にもなってくるとケアをしてキレイに日焼けをしないと確実にその日焼けがシミとか肌荒れとなって残ってくる。

さらに最悪なのはニキビなども重なってしまって、ニキビ跡も出来てシミも出来てというような状況になってくるとケアするのが本当に大変。なので若いウチはまだイイとして、20代後半になってくると日焼けをするということに対して気を使った方が絶対に良い。

今からでも遅くはないので、20代後半ぐらいの年齢の方は洗顔料だけのケアだけでなく、化粧水や乳液もちゃんと使ってケアを今スグ始めるのがおススメ。30代になって後悔しないためにも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です